停留睾丸 ~抜糸後診察その5~

救急病院より一夜明けて、かかりつけ病院へ。
先生も苦笑い。
ミルヒさんの性格上、エリカラ取ったら傷舐めるのは確実。
傷を舐めなきゃ治ると。
よって、エリカラ生活続行。
ガーゼはきれいに貼りついているので、このままにしておくことに。
一通り、ミルヒさんについて話し合ってこの日は終了。


狂犬病の注射は打つこともできるけど、昨夜抗生物質の注射も打ったことだし、また来週にやってもらうことにしました。




自業自得だよ、ミルヒさん。
42.jpg
スポンサーサイト

停留睾丸 ~抜糸後診察その4~救急病院編

待ってる間、診察にダックスちゃんがやってきました。
どうしたんだろう、でも具合悪そう。
家族みんなで心配しています。
そうそう、救急病院はこういう子が来る所だよね。
ミルヒさんみたいに、元気に騒ぐ子が来る所ではないね。
今回はいざという時のための勉強料だね・・・。


先生に呼ばれ、診察室へ。
一応傷はくっついているので、再度縫い直すとかしなくてよし。
ちょっと亀裂が入って、リンパ液とかがにじみ出ちゃっただけみたい。
消毒して、ガーゼで覆って、抗生物質の注射をしてもらうことに。
今日の診察内容はこのあとFAXでかかりつけ病院に送信されるそう。
必ずかかりつけに行くように言われます。(もともと狂犬病注射に行くため予約済み)


処置の終わったミルヒさん、お会計を待つ間、さっきのダックスちゃんの家族に吠える。
怒られて、吠えることはできないから、今度は唸ってみる。
・・・ほんと止めて。
ダックス飼いの家族だから、ミルヒさんのこと好意的な目で見てくれてたけど、ほんと申し訳ない。


そしていよいよ、恐怖のお会計。
かかりつけが提携病院だったから、診察料は半額の¥4000。
そのほか、ガーゼの処置や注射を含めて¥8000ぐらい。
処置には大満足でしたが、痛い出費だねぇ。
許さんっ、金食い虫ミルヒ。





停留睾丸 ~抜糸後診察その3~救急病院編

深夜のドライブ。
久々のドライブにうれしそうなミルヒさん。
口ぱかーっと開けて、笑ってるし・・・。
飼い主のイライラは止まりません。


煌々と明かりがついた救急病院に到着。
ミルヒさん、初めての場所に興奮して吠える。


ミルヒ吹き替え 「ここどこでし、どこでし?」


先生、看護師さんたくさんいました。
深夜でも大満足のスタッフの充実ぶり。
他に診察にきている子はいませんでした。


問診票を記入し、呼ばれるのを待ちます。
呼ばれて、状況を説明。
初めての男性の先生に吠えまくるミルヒさん。


ミルヒ吹き替え 「おまえ、だれでし?気安く近づくなでし。」


あまりにも吠えるから、先生にこの子は噛みますかとか聞かれちゃうし。
噛まれないようにエリカラ巻かれちゃうし。
興奮しつつも、若い女性の看護師さんに抱っこされたら、打って変って看護師さんぺろぺろしだすし。


ミルヒ吹き替え 「おねーしゃん、かわいいでしね。」


・・・態度の豹変ひどすぎる。
ほんとに恥ずかしいんだからっ!
なんで初めて会う男性と女性でここまで態度違うのかしら。


先生が傷口を診るからと、一旦預けて我々は診察室から出ました。
診察室からはミルヒさんのきゃうーんという鳴き声。
またオオカミ少年か・・・。(痛くもないのに痛い振りする時の鳴き声)


つづく・・・









停留睾丸 ~抜糸後診察その2~救急病院編

前回の診察後、2日で貼ってもらった絆創膏が剥がれてしまったミルヒさん。
ちょっと塞がり方が甘いんじゃないかという部分もありますが、傷は塞がってます。


週末土曜日、夫がかわいそうだからエリカラを外してあげると。(私、大丈夫かな・・・と)
ミルヒさん、やっぱりお腹舐めます。
で、怒られて止めます。
お留守番する時は、またエリカラ。
我々が帰ると、エリカラ外す。
この日は、ミルヒさんのことを見ていられる時は外していました。


夜、私がお風呂に入ってあがると、夫がウトウトしてました。
ミルヒさん、お腹舐め舐め。
・・・傷口から血が滲んでるっ!!!
また開いたのか!?
夫がウトウトしている隙に、丹念にお腹を舐めあげていたようです。
焦る我々。
ただ事じゃない雰囲気を察して、ミルヒさんとんでもないことをしたと察して、しょんぼりしています。
病院閉まってるしどうしよう。
前回みたいにぱっくり傷が開いてるわけじゃないけど、ぺろぺろして傷口からばい菌が入るかもしれない・・・。
かかりつけ病院から案内されていた救急病院に電話してみます。
状況を説明して、連れていった方がいいか聞いてみました。
説明だけじゃ傷口の状態がわからないから、連れてこれるのなら連れてきた方がいいと。
ただし、診察だけで8000円はかかりますと。
かかりつけだったら、おそらく軟膏塗って絆創膏貼って再診料¥840で済むと思われる程度の傷口。
・・・でもなんかあったら困るし。
怯みながらも連れて行くことにしました。


つづく・・・


しつけ教室の風景2

まだまだレッスン写真ありますぞ。




大きいワンちゃんとレッスンしてみようの回、レオンベルガー(私、この時初めて知った犬種)とお座り。
37.jpg




2回目のグループレッスン、今度は待てできたっ。
38.jpg




みんないい感じで慣れてきたところに、動き激しめのドーベルマン投入。
それでも、みんな興奮しないようにねのレッスン。
39.jpg




ドーベルマンも落ち着いたね。
ドーベルマンてマズル長いから、横顔ダックスに似てた。
40.jpg




番外編。
トレーナーさん企画のカフェレッスン。
いろんな生徒さんが来てたね。
41.jpg





しつけ教室通って、ミルヒさんずいぶんと成長しました。
レッスン中は、トレーナーさんいるからちゃんとできるけど、その後の飼い主との練習が大事。
だいたい1、2週間に1回レッスンして、次のレッスンまでに練習。
どうやったら犬に伝わる指示が出せるのか、ミルヒさんだけじゃなく、飼い主の方もレッスンされました。
しつけ教室通っても、やんちゃなところは変わらないし、まだまだなところも多々ありますが、レッスンしてなかったらどうなってたのかしら・・・。
あなおそろしや。

しつけ教室の風景1

リアルタイムでは、安静中のミルヒさん。
ネタがないので、ちょっと過去を振り返るシリーズ。


ミルヒさん、昔からやんちゃが過ぎまして、私も犬を飼ったことがないのでどうしつけたもんかと困ってましてね。
いろいろ本を読んだり、インターネットで調べてもうまくいかないしね。
しつけ教室に行くことにしました。


ミルヒさんの問題点
①遊んでほしい時噛みつく
②怒られると歯茎をむき出しにして噛んでくる
③お外だとコマンドがきけない
④サークルから出せと要求
⑤遊んでいると興奮して噛んでくる
⑥うんちで遊ぶ
⑦散歩後肉球をふくと異常に怒る
⑧畳を噛む
⑨散歩中、石を食べようとする
⑩ジャンプする
⑪あきらめが悪い


問題点、3つくらいしか覚えてなかったんだけど、トレーナーさんに相談しようと思ってメモってた紙発見してよかった。
こうやって見てみると、凶暴極まりないな・・・。


4ヶ月のパピーの頃からパピートレーニングコースで4レッスン。
それが終わった後は個人レッスンコースで10レッスン。


で、どうなったかというと、
分別のないやんちゃ坊主⇒まあまあ分別のあるやんちゃ坊主
になりました。


どんなレッスンだったかというと、初め2回は普段の生活を見るためにお家に来てもらって、あとはドッグランで個人レッスンかグループレッスン。ドッグランでやってるしつけ教室に頼んだから、ドッグランを使うことが多かったです。




お外での伏せの練習
33.jpg




グループレッスン、他のワンちゃんにご挨拶
34.jpg




お座りの練習、なにこのドヤ顔
35.jpg




みんなで待ての練習、ミルヒさんだけ待て出来ず・・・。
36.jpg


つづく・・・

停留睾丸 ~抜糸後診察その1~

ミルヒさん、開いた傷がどうなったか先生に診てもらいに抜糸から2日後、病院へ行ってきました。
前日、剥がれかけた絆創膏の間から、傷がくっついてるっぽいのが確認できたので、そんなに心配はしてませんでした。


先生が絆創膏を剥がすと、やっぱりくっついてる。
先生もお喜びです。
また軟膏を塗って、新しい絆創膏を貼ってもらいました。
傷は塞がったけど、何やらかすかわからないので、相変わらずエリカラ生活です。
先生もミルヒさんのことなめてたと言ってました。
抜糸後、傷口開いちゃう子がいることは知ってたけど、まさかうちに限ってあるわけないと普通思うわけですよ。
それがねぇ、うちに限ってあったわけですよ。
ほんとある意味、期待を裏切らないやんちゃ坊主なミルヒさんです。
結局ニトリで買った敷布団も、夢中で高速ホリホリ(なんか眠い時とかに、犬がベッドとか掘るようなことをする様の高速版)しているうちに、おしっこしたいの忘れてたみたいで、その場でじょわ~としちゃったし。(しかも大量・・・)
1日しか使ってないのに、おしっこ臭い敷布団のできあがりっ。
菩薩のような心を持つための、修行を与えられているのか?
そうなのか?と己に問いかけられずにはいられない飼い主ですが、そこんところはどうなのかね、ミルヒさん?




また週末に診察予約。大丈夫そうなら狂犬病の注射もできるみたい。
早くエリカラとれて、前みたいに寝やすくなるといいね。
32.jpg

停留睾丸 ~抜糸その3~

家に帰ると、ミルヒさんは疲れたのかお昼寝。
別に傷口は痛くなさそう。


心配なので今夜はミルヒさんと一緒に寝ると言う夫。
ミルヒさんは、いつもは1階のリビングのソファや自分のベッドで一人ぐっすりと寝ています。
2階の寝室に置いてあるパピーの頃のサークルにベッドとトイレとミルヒさんを入れて、一緒に寝る練習をしたことがありますが、そうするとミルヒさんは一晩中出せ出せと鳴き続けて、お互い睡眠不足。
おそらく、我々の姿が見えてるから、一緒にベッドで寝たいってことなんだろうな。
でも、そこは譲れないのだよ、ミルヒさん。
あなたペロ攻撃が激しいし、抜け毛もすごいしね。
おトイレも2階だとうまくできないしね。
停留睾丸の手術の日も、パピーサークルへ入れて寝ようとしたらずっと騒いでで、結局明け方、私がリビングにミルヒさんを連れて行って、ソファで一緒に寝ました。(しばらく落ち着きなくあたりを徘徊していたが・・・)


寝室では騒いで、眠れない。
リビングのソファだと、眠れるけど翌日身体が痛くなる。
というわけで、今まで邪魔だからと買わなかった敷布団を買いに、ニトリへ。
お布団セットとかもあるけど、いろいろあると、ダニの温床になるものが増えるので、敷布団のみっ。
すごくたくさん種類があり、迷いに迷って購入。
こうして、夫は無事ミルヒさんと眠ったのでした。




ミルヒさんのカフェにでも置いてありそうなおしゃれリネンベッド。(右端についていたおしゃれな紐の持ち手は食い千切られ済)
このベッドとニトリの敷布団+シーツの値段が同じぐらいという悲しい事実。
31.jpg

停留睾丸 ~抜糸その2~

病院を後にした我らは、久々のお散歩へ。
ミルヒさんの傷口にばい菌が入りそうで、抱っこ散歩は何回かしていたけど、ミルヒさんを歩かせる散歩は久しぶり。
ミルヒさんもうれしそうです。


お昼時だったので、犬OKのカフェでお昼ご飯。
ミルヒさんお腹が気になるようで、ペロペロ舐めてます。
エリカラないと、やっぱり舐めるんだねーなんていいながら、お昼ご飯完食。
散歩の続きです。
でも久々の散歩だし、あまり無理させるのもなんなので、あたりを一回りし、そろそろ帰ろうかなんて言って、夫がミルヒさんを抱っこしたら、夫の服の袖口に血が・・・。
傷口開いてるっ!!


ちょうど病院の近くにいたので、急いで病院へ駆け込み。
先生に見せると、傷口舐めてましたかと聞かれたので、舐めてましたと。
どうやらそれで、開いちゃったみたい。
かさぶたもきれいになくなってたし・・・。
3センチくらい開いちゃってたかな、まあ表面の切り口があいちゃっただけで、臓器とか飛び出すとかそういうんじゃないけど・・・。
気が動転してるし、傷口みてたら、私が貧血っぽくなりました。
ミルヒさんは先生にまた軟膏を塗られ、エリカラをしておいてくださいと。
絆創膏貼ると、気にするでしょうからこのままでと。
それだと傷口がいろんなところに触れて、ばい菌入っちゃうんじゃないか心配だったので、エリカラするなら絆創膏舐められないし、貼ってくれるようお願いしました。


このまま数日様子を見て、あまりにも傷がふさがらないようなら、ホチキスみたいなので止めるといってました。(最近は人の手術でも、ホチキスでとめたりするそうな)
そして術後とは違う種類の抗生物質5日分を処方され、(何回か飲んだことある抗生物質。術後のものより効き目が弱くなるのかしら)次の診察予約をして、病院を後にしました。
そして、病院にいるときは必死になんとか頑張った私は、貧血でしばらくベンチに座り込み動けず。
貧血なんか数年ぶりでなりました。


はぁ、エリカラ何かの時に使ってくださいって、もう何かあったよ・・・。
つづく・・・






停留睾丸 ~抜糸その1~

停留睾丸の手術から、1週間と1日後の日曜日、抜糸に行ってきました。


術後2日ぐらいは、ちょっとぐったりしていて、よく寝ていましたが、その後はいつも通り元気いっぱいのミルヒさん。
そしてこの1週間、家中みんながエリザベスカラーにイライラさせられてました。


ミルヒさんのイライラ
①エリカラの継ぎ目をかみまくる。
②短い手で一生懸命エリカラを外そうと試みる。
③後ろ足で頭とか耳がかけない。
④ご飯食べづらい、歩きづらい、走りづらい・・・もろもろ。


29.jpg


30.jpg





飼い主のイライラ
①ミルヒさんが遊んでいると、エリカラで壁紙と畳が削れる。
②ミルヒさんが近づいてくると、エリカラが身体に当たり、結構な痛み。
③ミルヒさんがウンチをした後においを嗅ぐと、エリカラにウンチがつく。(しかも抗生物質を飲んでるため、やわらかウンチ・・・)


そんなこんなで、できるだけ早くエリザベスカラーを取ってあげたくて、日曜日ならもう抜糸大丈夫ということで、予約していそいそと病院へ。
今日の担当はいつものミルヒさんが大好きな女性の先生でした。
さっそく診察台の上にミルヒさんをのせて、エリカラを外し、傷痕に貼ってあった絆創膏を取りました。
結構お腹切ってあるのね。
黒い堅そうな糸で傷が縫われています。
一針ずつぐらいで、結んであるみたい?
それを先生が丁寧にはさみで切っていくのですが、ミルヒさん大暴れ。
夫に万歳立ちさせられ、先生にお腹を見せるのですが、足をジタバタ、不思議なタップダンス。
絶対痛くもないのに、きゅぅぅぅーんと鳴いてみたり。(嫌な時いつもやってるオオカミ少年だろっ)
それでも、隙あらば先生のにおい嗅いで、ペロしたい。
そして、縫い目は活発なミルヒさんのことを思い、普通の子より細かめ。
・・・一向に進みません。
途中で何回も休憩しながら、抜糸に30分かかりました。


糸がなくなると、糸が通っていた穴に小さなかさぶたが。
このかさぶたが自然にとれたら、もうシャンプーしていいとのこと。
絆創膏が貼ってあったところとか、赤みがあるところに軟膏を塗ってくれて、はいっおしましい。
やったね、ミルヒさん。
グッバイ、エリカラ。
エリカラは購入してたので、また何かの時に使って下さいと渡され、
病院を後にしたのでした。
つづく・・・

停留睾丸 ~手術その2~

午後3時15分頃、2度電話をもらうが気づかず。(1週間分の食料買い出し中。このスーパーはなぜか電波が入らない・・・。)
午後3時40分頃、折り返し。
午後4時半ごろお迎えに来てくださいと。
ミルヒさん、麻酔から覚めたものの、まだ朦朧としているとのこと。
お迎えに来た時の状態で、すぐ帰れるか、もうちょっと一緒に待ってもらうか判断すると。


午後4時半、お迎え。
手術の様子を聞く。
ミルヒさんのタマはお腹と表面の間ぐらいにあり、触ろうとすると、ひょいっとお腹の中へ引っ込んでしまう微妙なところにあったそうな。通常の4つ足で立ってるポーズをしばらくしてると、表面の方にきて、触れるかもしれないが、仰向けで手術するので、引っ込んでしまう。
ちょろっと切って探し出すよりも、開腹した方が、確実だし、麻酔時間も短く済むので開腹したそうな。
で、開腹が終わり、麻酔をちと弱めて、もう一個の下りてきているタマを取ろうとしたところで、ミルヒさんの身体が、起きそうになってきたため、また麻酔を強めたと。(えっ、そんなことあるんかいっ)
だから、まだ麻酔の覚めが悪いそうな。
また、ミルヒさんが活発な子なため、表面の傷口を普通より細かめに縫っておきましたとのこと。
・・・先生、気づかいに感謝します。
さすが、先生、パピーの頃のミルヒさんの興奮ぶり見て、この病院に来る犬の中で、5本の指に入るやんちゃ犬とおっしゃっただけありますな、よくわかってらっしゃる。
あと、停留睾丸で左が下りてきてないのは珍しいらしいそうな。


説明を聞いていると先生、とったタマタマを見ますかと。(ええっ)
昔、どっかの獣医が停留睾丸の手術をして、とった言ったのに、実はとってなくて数年後に腫瘍化してとってないことが発覚したという事件があって、それ以来一応とったタマを捨てずにとってあると。
嫌でなければ、確認しますかと言われ、せっかく(?)なので見せてもらうことに。
・・・リアル臓器でした。
お腹の中にあったほうが、育ってない分小さいのね。


説明途中で術後のミルヒさんを連れてきてくれました。
まだ朦朧としていて、床にぺたんと伏せてしまいました。
顔の周りに、エリザベスカラーがつけられてます。
お口からすごいよだれ垂れてる・・・。
麻酔が切れたら、よだれも治まるとのこと。
今日はずっとぐったりしていて、ご飯も食べないだろうと。
お水も飲むかわからないから、何か水分的なものを2本注射してくれました。
明日の昼ごろには、ふだんの調子が出てきて、ご飯も食べられるのではと言われました。
とりあえず、術後おしっこは2回している、まだあまり動けないから、帰ったらベッドにトイレシートをひいてあげたら、そこでおしっこできるのでいいとアドバイスを受けました。
抗生物質を5日分もらい、今日は注射で抗生物質を打ってあるから、明日の夜ご飯の時から、あげるように言われます。
そんなこんなで、ミルヒさんとお家に帰ってきました。




午後5時半ごろ、家に到着。
ミルヒさんの体温が落ちていて寒そうなので、ベッドに寝かせてブランケットをかけてあげました。
26.jpg




この状態で、おしっこ3回しました。
立てなくて、伏せたままおしっこ。
胸毛がおしっこでしっとり。
だっこして、ウェットティッシュで拭いてあげました。




このまましばらくベッドでねていましたが、午後9時前にむくりと起き上りました。
・・・ミルヒさん、すごい回復力だね。
27.jpg




ひとまず安心。
ミルヒさん、よくがんばったね。
えらかったね。

停留睾丸 ~手術その1~

5月12日、ミルヒさんの停留睾丸の手術をしました。
ミルヒさんが5ヶ月ぐらいの時かな、タマタマが片方しかないことに気づき、いろいろ調べて停留睾丸ではないかと思い、病院行ったついでに相談していて、8ヶ月ぐらいまで様子をみてみようということになっていました。(もう片方が下りてくるかもしれないから)
でも、結局下りてこなくて、1歳にもなったことだし、手術することとなりました。


当日は朝ごはんを抜き(水はOK)、午後1時に病院へ。
執刀はいつも診てくれている若い女性の先生ではなく、ベテランの男性の先生。
パピーの頃は、この男性の先生に診てもらっていたのですが、いつの間にか担当が女性の先生に変わっていました。
ミルヒさんが若い女性好きだからかしら?
いつもの女性の先生が執刀してくれるのだとばかり思っていたので、なんでだろうとは思いつつも、まあ、ベテラン先生だからいいかと。


先生に一通り、説明を聞きます。
ミルヒさんは、左のタマが下りてきていません。
先生が足の付け根をさわさわして、タマがさわれるか確認しています。
ミルヒさんが暴れて、確認できず。
女性の先生から以前、タマが確認できたと聞いたけど、暴れてるので、後で鎮静剤打って落ち着いた頃に確認するとのこと。
タマが表面から確認できれば、そこだけちょろっと切って、取り出すことができるけど、確認できなければ、開腹して取り出すそうな。
後程、手術前に確認できたか連絡をくれるそう。
我々は病院へミルヒさんを預けて、タマの確認電話を待ちます。


午後1時40分頃、電話をもらいました。
タマが触れそうなんだけど、確認しづらく、なるべく開腹はしないで手術をしたいが、とれなければ開腹しますと。
麻酔をかけると、連絡はできないから、後は事後報告になると。
了承して、手術をお願いしました。

長くなりそうなのでつづく・・・




ミルヒさんの片タマ、セクシーショット
28.jpg

生田緑地

GW後半、生田緑地へ行ってみました。
駐車場が混んでいて、なかなか入れず。
暇なため、車中でお昼のパンを食べてしまいました。
一般道で駐車待ちしてるだけなのに、車外には見たことのない怪しい虫が飛び回っている・・・。
少し嫌な予感です。
やっと、駐車して、いざ生田緑地へ。
・・・、初めからとんでもない虫道へ突っ込んでしまい、気分が萎えました。
虫がぶら下がるわ、下で死んでるわ。
ミルヒさん、強制だっこです。


虫道を抜けると、広場がありました。




なぜか汽車が・・・。
20.jpg




生田緑地、どうまわればいいのか全然わからず。
人も多いな。
適当にさまようしかありません。
でも適当すぎると、ワイルドな道へ迷い込み、虫ワールドが・・・。




こんなきれいなところもありました。
21.jpg




岡本太郎美術館近くにて。
ミルヒさん、頭上で芸術が爆発してるよっ。
22.jpg




緑とミルヒさんがいい感じね。
23.jpg




どこまでも続く階段。足がガクガクいいます。
24.jpg




生田緑地、私的には今一つ楽しめませんでした。
虫が・・・。
でも、ワンちゃんがいっぱいいて、ダックスもいっぱいで、その点は楽しかったかな。




歩きづらい道ばかり通ってゲンナリしてたのに、実は整備された道もあったというオチ・・・。
25.jpg

尿再検査

前回の尿検査から1週間経ったので、お散歩がてら、病院へ尿の提出へ。
先生、またすぐ調べてくれました。

結果は・・・
また結晶が出てました。
しかも、PHの値は前回より高いと。

・・・煮干し止めたのに。
1週間止めたからといって、結晶がなくなるかはわからないし、体質的なものかもわからない、でもご飯は変えたほうがいいかもしれませんと言われました。
ミルヒさんの結晶は、幸いにも療法食で治るものなのです。
・・・というわけで、療法食のサンプル3種類もらってきました。


ロイヤルカナン2種類とヒルズ
18.jpg





食べさせてみて、一番食いつきがいいのを教えてくださいと。
で、2ヶ月ぐらい食べて、尿検査やるといいかもしれませんと。
はぁ、このドッグフード何が含まれてるのかしら・・・。
変なもの含まれてないか、また調べないと・・・。
ミルヒさんいつもは吉岡油糧のドライフード食べてるのに・・・。
吉岡の未開封のフード4袋あるよ、賞味期限3ヶ月だよ。
この4袋は食べることなく、廃棄されるのか・・・?
飼い主の悩み尽きず・・・。




ミルヒさん、療法食気に入るといいね。
19.jpg

尿検査

心配性な私に、なにかっていうとすぐ病院につれて行かれたミルヒさん。
幸い、今まで大事はありませんでした。
たいしたことなさすぎて、むしろ連れて行ったことが恥ずかしくなるようなことも・・・。
しかも、ミルヒさん、小さい頃から知ってる人は大好きだから(知らない人には警戒心がすごい)、病院の先生達も大好き。
病院へ行くと、先生大好きの気持ちが抑えきれず、ペロペロ攻撃。
診察台の上から落ちそうです・・・。


そんなミルヒさん、誕生月のプレゼントで尿検査と便検査が無料でした。
散歩の途中で寄った時に置いて行ってくださいと言われていたので、採取して、散歩の途中に病院へ届けに行くと、すぐ検査してくれました。
先生に呼ばれると、微妙な顔をしてます。
尿検査がよろしくないと。
尿に結晶が出ていて、このままだと尿路結石になるとっ!!
齢1歳にして尿路結石・・・。
ううう、なぜ・・・。


先生にえさについて聞かれました。
ドッグフードに最近は食いつきが悪いから、煮干しを砕いてのせてます。
ミルヒさん、最近ドッグフードの食いつきが悪いから、残ったおやつをくだいてトッピングしてるのです。
どうも煮干しがあやしいらしいです。
干したお魚はミネラル分が凝縮されて、食べ過ぎると尿路結石になると。
ミルヒさん、きびなご一日4本程度しか食べてません。
パッケージにある体重別の与える目安に比べても、少なくあげてるはずなのに、それでもミルヒさんの身体には多いそうです。
ミネラルウォーターや馬肉で尿路結石は聞いたことあったけど、干した魚?
知らなかった・・・。
生や茹でたり焼いたり、ドッグフードになってるお魚は大丈夫だけど、干したお魚は気を付けないとだめだと。
先生も、ペットショップでよく売ってるけど、食べ過ぎると尿路結石になるってちゃんと書いておいてほしいと言ってました。
お魚好きなミルヒさんのため、今までおやつにいろいろな干したお魚を用意してあげました。
ミルヒさんのおやつには気を使って、なるべく添加物がないものを選んであげていたのに・・・。
なんてこった。
ごめんよ、ミルヒさん。
ついでに他にだめなおやつはないか聞いておきます。
干しブドウ(犬にブドウはよくないとは聞いたことあるぞ)とか、ナッツ類(ペットのおやつコーナーではみたことない)、だそうです。
もちろんチョコとか玉ねぎとか有名どころもだめです。
あと、よくあげるソフトささみジャーキーみたいなおやつも塩が使われているので気になって聞くと、塩自体は食べ過ぎはよくないけど、それで結石になるとかはないから大丈夫だそう。


ミルヒさんが尿検査が初めてなので、体質的に尿に結晶がでたということもありうるので、ひとまず煮干しを禁止して、1週間後に尿検査は再検査となりました。
便は異常なしっ。






17.jpg

海の公園

さてさて、アウトレットより海の公園へ移動です。
八景島シーパラダイスが見えるねぇ。


12.jpg




砂浜は初めてのミルヒさん。
念入りに踏み心地を調べているのでしょうか。


13.jpg




そして、広い場所ではお決まりのダッシュッ。
いい顔してるねぇ。


14.jpg




海岸の横には、歩きやすい歩道が。
緑も多いし、いい公園だな。
犬の散歩をしてる人もたくさんいました。
そりゃ、こんな公園あったら散歩するよね。


15.jpg




きれいにお花が植わっていたので、ミルヒさんとパチリ。


16.jpg





横浜に、こんな海と公園が一緒になってるところがあるんですな。
バーベキューもできるみたいだし、楽しそう。
ボクサーのトレーニングのような、砂浜ランニングしたミルヒさん、帰り道はさすがにお疲れでした。

三井アウトレットパーク横浜ベイサイド

GW前半、三井アウトレットパーク横浜ベイサイド(長っ)に行ってきました。







インターネットで調べていった、テラス席ペット可のベイサイドマリーナホテルのレストランが、その日に限ってなのかどうかわからないけど、本日はテラス席やってませんと。
なぜだっ。
店内ガラガラなのに・・・、ミルヒさんがいるので断念。
仕方なくアウトレットの中で、お昼です。
でもなぁ、好きだったピックス・カフェもなくなっちゃったしな。
適当に選びますか。
するとよりにもよって、もろ直射日光があたる席へ。
ミルヒさん、黒い毛が熱を吸収しすぎっ。
たいへん、ひとまず白いパーカーかぶせてみました。


9.jpg




そりゃ、のど渇くよね。へんな飲み方にもなるよね・・・。
ご飯きたら、早食いして、早くミルヒさんを日かげに避難させねばっ。


10.jpg




さてさて、微妙なお昼も終わったし、買い物しますか。
アウトレットのお店は、だっこしたら店内に入れる店が結構ありました。
ミルヒさんも一緒に見るよー。
犬連れの人もたくさんいました。
ダックスもたくさんいたなぁ。
近所の散歩では、ダックスってあまり見かけないからうれしいなっ。




だっこで店内に入れると気づいていなくて、ひたすら私が戻ってくるのを、夫と待ち続けるミルヒさん。
ごめんね、夏の散歩用のサンダル買うのに、迷いすぎたよ。
11.jpg




人間たちは、アウトレットを楽しんだけど、ミルヒさんは発散したりないよね。
っということで、近くの海の公園へレッツゴーだ。
つづく・・・
プロフィール

tama

Author:tama
☆ミルヒシュトラーセ☆
生年月日:2011.4.10
少々デカめなミニチュアダックスの男のコ。
イケメンだけど性格に難があり、なかなか心を開かない。

☆わたし(tama)☆
おいしいものを食べることが生きがいの主婦。
反抗的なミルヒさんに心身ともに傷つけられることが多い。

☆夫☆
食い意地の張ったわたしとミルヒさんを養うため、頑張るサラリーマン。
ミルヒさんとイチャつくのが心の支え。

ミルヒさんはいくつになったの?
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加してます
ブログランキングに参加してます。 応援よろしくおねがいします♪
☆ハンドメイド品販売してます☆
tetoteで販売始めました。 よろしかったらご覧になってくださいね。
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
リンク
☆メールフォーム☆
メッセージや犬服に関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム