停留睾丸 ~手術その1~

5月12日、ミルヒさんの停留睾丸の手術をしました。
ミルヒさんが5ヶ月ぐらいの時かな、タマタマが片方しかないことに気づき、いろいろ調べて停留睾丸ではないかと思い、病院行ったついでに相談していて、8ヶ月ぐらいまで様子をみてみようということになっていました。(もう片方が下りてくるかもしれないから)
でも、結局下りてこなくて、1歳にもなったことだし、手術することとなりました。


当日は朝ごはんを抜き(水はOK)、午後1時に病院へ。
執刀はいつも診てくれている若い女性の先生ではなく、ベテランの男性の先生。
パピーの頃は、この男性の先生に診てもらっていたのですが、いつの間にか担当が女性の先生に変わっていました。
ミルヒさんが若い女性好きだからかしら?
いつもの女性の先生が執刀してくれるのだとばかり思っていたので、なんでだろうとは思いつつも、まあ、ベテラン先生だからいいかと。


先生に一通り、説明を聞きます。
ミルヒさんは、左のタマが下りてきていません。
先生が足の付け根をさわさわして、タマがさわれるか確認しています。
ミルヒさんが暴れて、確認できず。
女性の先生から以前、タマが確認できたと聞いたけど、暴れてるので、後で鎮静剤打って落ち着いた頃に確認するとのこと。
タマが表面から確認できれば、そこだけちょろっと切って、取り出すことができるけど、確認できなければ、開腹して取り出すそうな。
後程、手術前に確認できたか連絡をくれるそう。
我々は病院へミルヒさんを預けて、タマの確認電話を待ちます。


午後1時40分頃、電話をもらいました。
タマが触れそうなんだけど、確認しづらく、なるべく開腹はしないで手術をしたいが、とれなければ開腹しますと。
麻酔をかけると、連絡はできないから、後は事後報告になると。
了承して、手術をお願いしました。

長くなりそうなのでつづく・・・




ミルヒさんの片タマ、セクシーショット
28.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tama

Author:tama
☆ミルヒシュトラーセ☆
生年月日:2011.4.10
少々デカめなミニチュアダックスの男のコ。
イケメンだけど性格に難があり、なかなか心を開かない。

☆わたし(tama)☆
おいしいものを食べることが生きがいの主婦。
反抗的なミルヒさんに心身ともに傷つけられることが多い。

☆夫☆
食い意地の張ったわたしとミルヒさんを養うため、頑張るサラリーマン。
ミルヒさんとイチャつくのが心の支え。

ミルヒさんはいくつになったの?
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加してます
ブログランキングに参加してます。 応援よろしくおねがいします♪
☆ハンドメイド品販売してます☆
tetoteで販売始めました。 よろしかったらご覧になってくださいね。
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
リンク
☆メールフォーム☆
メッセージや犬服に関するお問い合わせは、こちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム